学童保育に定められているルールと今後のこと

学童保育の指導員は、放課後児童支援員という資格がないとなることが出来ません。この資格は2015年度に新たに誕生しました。取得するには、高卒以上で尚且つ2年以上児童福祉事業での就業経験がある方や、保育士、教員などの資格を持っていることが条件となりますので、まだお持ちでない方はそちらの方が先になります。そして、学童保育自体の決まりとして、2人以上の指導員を常駐することが2015年4月から義務付けられました。高齢化が進んでいることなどにより、今後のお子さんの育て方をより良いものとしていくことが日本には求められていると考えられます。しかし、当然様々な家庭があり、面倒を見られない時間も存在するので、そういう場合のために学童保育の方にお子さんの面倒を見てもらい、子育ての効率化を図っていくのがオススメです。

ワーキングマザーの小学校の壁は学童で解消する

近年、ワーキングマザーに対して会社側も様々な制度を導入し、少しずつ子供を持つ女性が働きやすくなってきています。育児休暇後、時短勤務を利用して子供が保育園や幼稚園に行っている間に働くことができますが、実は本当に困るのが子供が小学校に入学した後です。保育園や幼稚園は決められた時間以内であれば子供を預かってもらえますが、小学校はそうではありません。みんな決められた同じ時間に下校します。低学年だと14時や15時には家に帰ってきてしまいます。いくら時短勤務とはいえ、その時間に家に帰宅することは容易ではありません。そこで、役に立つのが学童です。地域に施設がある場合や、学校に併設されている場合もありますが、子供は学校が終わったら学童に行き、宿題をしたり友達と遊んだりして親の帰りを待つことが出来ます。ただし、学童にも定員がありますので決められた時期に申し込みをする必要があります。申し込みが定員が超えてしまうと抽選になる場合もありますので注意が必要です。

企業の参入で変わりつつある学童の形

学童保育と言えば、学校内の敷地にある施設で放課後留守家庭の子供達が宿題をしたり友達と遊んだりするイメージです。しかし、共働き家庭は増えそれに伴い待機児童の数も増えていることが現実です。そんな中、裕福層をターゲットにより質の良い学童保育を提供する取り組みが増えています。例えば大手学習塾や、スポーツクラブなどです。学校が終わったら、校門まで学習塾の車がお迎えに来てくれ、学習塾へ行きます。その後、塾で勉強したりスイミングやピアノなどの習い事を行います。お菓子も提供してくれ、家まで送ってくれるというサービスを行っているところもあります。また、預かり時間も最長夜の22時までというところもあるから、驚きです。至れり尽くせりのサービスですが、小学生が夜中まで家族と一緒に過ごすことの出来ない環境というのも、少し考えさせられます。